S.C.ART

贈り物にも喜ばれる、かわいい動物絵画を中心に扱っています。|S.C.ART

rss

HOME»  著作権について

著作権

著作権とは

知的財産権のひとつです。
知的所有権とも言い、大きく3つに分かれます。

1.著作権

2.工業所有権 (特許権、実用新案権、意匠権、商標権)

3.その他 種苗法(不正防止法、半導体集積回路図に関する権利など)

(上記1~3は、知的財産権の体系・・・・著作権情報センター資料より抜粋)


著作権などにより保護される「文化的な創造物」とは
文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り
思想、感情を創作的に表現したもののことをさします。
⇒著作物といいます。

創作した人⇒著作者

2の工業所有権は、登録しなければ、権利は発生しない。
1.の著作権は、創作した時点で、権利が自動的に発生して
著作者の死後50年までは、保護される。



 

著作権の分類

著作権は2つに分かれる。

①人格的な権利を保護する、著作者人格権

②財産的な、利益を保護する、著作権(財産権)


①の、著作者人格権は、著作者だけが持っている権利で、譲渡したり相続したりは
できない(一身専属権)。

②の著作権(財産権)は、一部または全部を譲渡あるいは、相続ができる。


 

著作権詳細

1.著作権のある著作物を、著作権者の許諾を得ないで、無断で利用すれば
著作権の侵害となる。
ただし、著作権者が許諾なく使えると公言していれば、無断で利用しても
著作権の侵害にはならない。

2.著作者に無断で、著作物の内容や題名を改変したり、著作者が
匿名を希望しているのに、著作物に勝手に本名をつけて発行すれば
著作者人格権侵害になる。


3.無断複製物であることを知っていながら、当該複製物を頒布したり
頒布目的で所持する行為、著作物に符された権利者の情報や
利用許諾の条件などの権利管理情報を故意に改変する行為なども
権利の侵害となる。

著作物の種類

1.言語
2.音楽
3.舞踊、無言劇
4.美術(絵画、版画、彫刻、まんが、書、舞台装置など)
5.建築
6.地図、図形
7.映画
8.写真
9.プログラム(コンピュータプログラム)
10.編集
11.データベース
12.二次的なもの(1~9の著作物を翻訳、編集、編曲、変形、翻案し作成したもの)










                                  (参)日経BP社 
                                    Seを極める 仕事に役立つ文章作成術 著 福田 修

タイトル5

タイトル6

S.C.ART

当店は、オンラインで絵画を専門に扱っております。
絵の種類は、動物画を中心に、静物画、風景画、現代アートと幅広く扱っております。

このページでは、知っているようで知らない著作権についてふれています。