S.C.ART

贈り物にも喜ばれる、かわいい動物絵画を中心に扱っています。|S.C.ART

rss

HOME»  風景画について

風景画について


風景を主とする絵画『風景画』。
しかし、風景画と一口にいっても、描かれているものには様々な特徴があります。
こちらでは、そんな風景画についてご紹介します。

 

  風景画とは
風景画とは

風景画というのは、風景=目に見える様子や景色を表現している絵画のことです。
西洋では、古くはエジプトやアッシリアの時代から、人物を中心とした構図の背景として用いられてはいましたが、風景画として風景だけを描いた絵が発展したのは14世紀から始まるルネサンス期からでした。それに比べて、東洋の中国では3世紀に始まる六朝時代からすでに山水画が描かれており、風景を描くことは遣唐使や遣隋使によって日本へも伝わっていました。
この差は、西洋では古くから人物を中心とした芸術傾向があったのに対して、中国や日本では古くから人物画のほかに自然を敬い、芸術に取り入れていたという背景から生まれたとされています。

 

  風景画の分類

西洋の風景画を5つのものに分類して紹介しているのが、イギリスの美術史家のケネス・クラークです。
彼の風景画の分類は、以下のものになります。

・風景を背景として人物を中心にする「シンボリックな風景画」

・自然を観察し、誰かからの依頼どおりの景色を描く「発生現象の風景画」

・暗いイメージが多く、現実的でない雰囲気も取り入れている「幻想の風景画」

・宗教や詩などをテーマとしたものや、平穏で明るい雰囲気のある「理想の風景画」

・目を開いたとき、そのまま目に映っている景色を描く「あるがままの自然風景画」

時代や背景などによってそれぞれに表現が変わり、楽しむことができます。

この分類の中で、現代の風景画としては、「理想の風景画」と「あるがままの自然風景画」が多く見受けられます。
例えば、私たちが学校の宿題や授業などで描く風景画は、「あるがままの自然風景画」といえるでしょう。
西洋の景色から、日本の景色まで、様々な風景が描かれた風景画は私たちの部屋を素敵に彩ってくれる絵画です。
寝室はもちろん、玄関や廊下などの様々な空間にもおすすめです。

当店でも、おしゃれな風景画を販売しております。
明るくて楽しそうな雰囲気の風景画から、落ち着いた雰囲気のものまでございますので、風景画のご購入をお考えなら、ぜひご覧ください。
さらに、風景画以外にも、動物絵画や版画、現代アート、静物画など絵画に関する作品を取り扱っておりますので、お気に入りが見つかりましたらぜひお買い求めください。