×

CATEGORY

お客様の声

CATEGORY

INFORMATION

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ポーカーフェイスのねこ



この作品

作品titleは「ポーカーフェイス」です。

カードゲームをしているねこの

タビィとサバねこです。

トランプ遊びは、楽しいですよね。

ジョーカーを引いてしまったら

何とかそれを相手に取らせよう

と、

でもその策略を見抜かれないように・・

と言う訳で、何ごともないような

平静を装い無表情、

ウーン

これが、なかなか難しい

ですよね。

他のテーブルのねこ達は

その様子を振り向いてみたり

新聞の陰から、じっと眺めて

進行ぐあいを高見の見物です。

ちょっとふっくらとした黒と白のねこは

我関せずです。

ひたすら、ジョッキを仰いでいます。

カウンターの中の黒ねこは

いわゆるこういう職業の人がとる

態度ですよね。

聞こえていても、聞こえないふり

解っていても何も言わない

いわゆる、見ざる聞かざる言わざるです。

これ極意ですよね。

ねこ達の姿もよく描かれておりますが

カウンターの向こうの棚に並んだびんが

びんの形や色がとてもよく描かれております。

お店の室内全体の雰囲気も

窓から見える緑もきれいです。

詳細は絵をクリックしてご覧くださいね。





 

2024-05-19 15:04:13

コメント(0)

手紙を配達するねこ



手紙をだす人も少なくなりました。

電子mailを始めとしSNSなど瞬時に

届く手段があれば

自然とアナログなツールは

利用されなくなるのも

当然といえば当然です、

が、、

手紙には手紙のよさがあります。

いつでも思いだした時に、手に取り

読み返すことができる楽しみがあります。

また、その方の顔を思い浮かべたりと

色々なことが蘇るのは手紙でないと

起こらない現象ですよね。

btw

この作品のねこは、郵便配達員です。

ちょこんと被ったブルーの制帽

そしてブルーの制服

口元(マズル)にある黒のぶち模様が

髭のようです。

そのせいでしょうか、

何となく愛嬌があるねこです。

背景は丘のようです。

そして風船のような形状の木が

数本描かれています。

細い木に、膨らんだような緑が面白い形です。

その下に描かれている丘も

イエローオキサイド、ディープグリーンなどを使い

描いており、地味ですがきれいな色あいです。

詳細は、絵をクリックしてご覧くださいね。





 

2024-05-10 15:37:36

コメント(0)

まっ白な芋



おそばを作り・・

長芋をすり卸しました

あまりきれいなので、写してみました。

コバルト色の器に映え

なんて美しい!

山芋は

世界中で約600種

日本はその北限地

形も種類もさまざま

良質のたんぱく質、ミネラルも豊富です。

大きく分類すると

大和芋、長芋、自然薯です。

この他、自然薯の葉の付け根にできるのが

むかごです。

用途に応じ、またお好みで使いわけます。



 

2024-05-09 10:18:39

コメント(0)

大きなすいかを抱えるねこ



今日、

5月4日は「みどりの日」

なのだそうです。

btw

この作品のねこは、みどり色の目をしています。

人も国により

また日本人でも人により瞳の色は

多少異なります。

この猫についても

突然変囲で瞳の色に違いがあったりします。

このねこ、瞳がみどり

そしてきれいな緑色のとても大きなすいかを

抱えています。

ねこが食べる?

オレンジ色のアロハシャツ着ていますから

食べそうですよね。

エス二ックな雰囲気の熱帯植物が生い茂る背景

ねこも可愛らしいですが

すいかがとても良く描かれた作品です。

詳細は絵をクリックしてくださいね、



 

2024-05-04 11:04:47

コメント(0)

湖畔でくつろぐねこたち



この作品は、、

今日サイトにupした作品です。

作品titleは「湖畔で」

ねこの子たちが、静かな湖畔で

くつろいでいます。

テーブルには、飲物やおつまみが。

フルーツもあります。

ゆったりと過ごす休日

少し高いところからの、構図

全体の2/3ほどをみどリが占めていて

解放感が感じられます。

そして新緑の清々しい

調度今頃の季節でしょうか、初夏らしい感じです。

湖面の微動だにしない静けさ

眩しいほどの緑

ねこ達は思い思いに、休日を満喫しているようです。

とても楽しい雰囲気の作品です。

詳細は絵をクリックしてご覧くださいね。

 

2024-05-02 18:51:55

コメント(0)

母の日に



5月ですね。

5月、初日にしては

なんだかどんより

曇り空です。

明日からお天気のようですが、、

能登半島地震から

早4か月です。

なかなか復旧が進まないのは

何故なのかなと、疑問が沸きます。

btw

5月12日は「母の日」です。

母の日の贈り物に、絵画はいかがですか。

お花は、、

女性へのプレゼントとして

喜ばれる品の1つ

生花も素敵ですが、絵画のお花も素敵です。

贈り物にされるのでしたら

ラッピングをいたします。

無料ですので、どうぞご利用くださいませ。

お買い物のカートで進みますと

書きいれるところがございます。



上の作品は「ポピー」

下に掲載した作品は「オレンジ色のバラ」です。

詳細はそれぞれの絵をクリックしてご覧くださいね。




 

2024-05-01 10:56:17

コメント(0)

風景画・多摩の



この作品は、風景画

多摩地域の風景を描きました。

きっちりとした風景ではなく

建物も形があるような、ないような

そして立木の枝も綿あめのように

木のまわりに

ふんわりと、まとっているかのようです。

色彩自体も、淡いべージュにクリーム色

ダークグリーンにミントグリーンと落ち着いた色調です。

形があるようなないような

全体的に、ふうわりとした

眺めているだけでゆったりとする

やさしい印象の作品です。

詳細は絵をクリックしてご覧くださいね。


 

2024-04-30 17:40:52

コメント(0)

白い食べもの・・ブラマンジェ



少し汗ばむ季節になると

ゼリーやアイスクリームなどの冷菓が

目に留まります。

これらのスィ―ツ

昔と違い

季節とは関係なくオールシーズンですが

やはり主役の時期はこれからです。

これは・・「ブラマンジェ」

「ブラン=白い」、「マンジェ=食べ物」

つまり、白い食べものと言う意味です。

作る材料は、薄皮を除いたアーモンドをすり潰し

ミルクと砂糖、これにゼラチンを加えます。

或いは、コンスターチを加えます。

フランス式は、ゼラチン

イギリス式だとコーンスターチ

を使うそうです。

見た目は同じでも、舌触りが少し違いますよね。

でも、ツルン、プルンとして美味しいスィーツです。

余談ですが

よく類似したスィーツにババロアがあります。

「ババロア」は、ドイツのババリア地方の

飲み物だったそうです。

その飲み物を、ババリアの領主に仕えていた

フランス人のコックが工夫したのが

もともとのはじまりだそうです。

卵黄に砂糖、ミルクと生クリームを

ゼラチンで固めたのがババロア

これがもとを辿れば飲み物だったとは

今の今まで知りませんでした。

なんでも、調べてみると

新しい発見がありますね。

ババロアも美味しいスィーツ、、

 

2024-04-29 17:52:47

コメント(0)

焼成後届く



先日、、

絵付け体験をしました。

出来上がり後、工場の方で

焼成してくださり

宅急便で、届きました。

絵は、もうすこーし

花びらに陰影がでているのかなぁと、期待していましたけれど

殆ど描いた通り。

やはり、難しいものとつくづく思った次第です。

弁解する訳ではないのですけれど

絵の具と異なり、けっこう塗るのが難しい・・

と、やはり弁解しています。

でも、じっと眺めていますと

愛着がわいてきます。

そして白磁の透明で気品のあるお皿は

他の一般の食器とは比べものになりません。

あの、原材料の石

「カオリン」のせいでしょうか。

この「カオリン」自体も真白いとてもきれいな石です。

日本でも採れますが、韓国の物の方が上質だそうです。

創業以来、この石を使っているのだそうです。

焼成の温度は、1460°です。

この温度は、いきなり1460°ではなく

5段階ぐらいに分け、徐々に温度を高くしていきます。

そして焼成の際は、器のまわりにカバーをつけ

直接強い熱が当たらないよう保護して

焼成します。

本当に、一工程ごとに手間暇のかかる作業です。

 

2024-04-28 15:38:51

コメント(0)

特注の額



いよいよ、、

大型連休が始まりました。

当店は、平常通りに営業しております。

休日中のゆったりとした

お時間、お気に入りがございましたら

どうぞご注文くださいませ。

btw

こちらの作品は以前にお求めいただきました作品

です。

そして額も、特別に制作した品です。

デザインはお任せでした。

なかなか個性的なファッションのねこちゃん

うーん、、

けっこう難しい・・です。

それで考えた末に完成した額です。

ねこの着ているコートに着目

同じように濃い色の赤

の縁にしました。

そして全体をシルバーに塗布

すると作品とのなじみがよくなりました。

シルバーのところも、平坦ではなく

土台作る時に、少しヘラで整えながら

クレーターのような窪みをつけました。

窪みをつけることによって、額に表情がでます。

シルバーに深紅で、とってもゴージャス。

作品とのバランスも良い状態に仕上がりました。

このように、額の特注も承っておりますので

どうぞお問いあわせくださいませ。

お好みの額をお作りいたします!

2024-04-27 10:41:12

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

お問い合わせ

当店でお取り扱いしている商品についてご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。

営業時間 9:00~21:00
TEL 042-441-5528

お問い合わせはこちら